2013年02月07日

みどころー第7回明治神宮外苑大学クリテリウム

re.RD7_9319.jpg

日本学生自転車競技連盟の主催する、第7回明治神宮外苑大学クリテリウムが、今月17日に迫った。会場は、学生スポーツの中心地に設置。明治記念館前をスタート/ゴールとし、国立競技場や神宮球場、秩父宮ラグビー場などを横目に走る、明治神宮外苑周回コース(1周1.5km)を利用し、全8カテゴリー、総勢約300名が参加する予定だ。

re._R1S9123.jpg

2012年度の全日本学生ロードレースカップシリーズ(RCS)の最終戦でもある本大会は、当レースの優勝を争うだけでなく、RCSの総合優勝者を決定する大会でもある。

re._R1S0529.jpg

本大会のメインは、14:20スタートの男子大学生グループ1(大学対抗)のレース。周回コースを20周し、各ポイント周回で獲得したポイントの合計を争う。

昨年度の本大会優勝者である黒枝士揮(鹿屋体育大学3年)は、昨年9月に行われたツール・ド・北海道において、国内外の有力選手を押しのけてステージ優勝を果たすなど、今年度も各大会で活躍を見せている。同大学からは、昨年度はアジア選手権のため本大会不参加だった山本元喜(同3年)も出場する予定だ。スプリント力に長ける黒枝、レースに勢いのある山本、ともに世界の舞台で活躍する実力選手だ。また、昨年8月の世界ジュニアトラック選手権において日本代表として4km団体追い抜き日本記録更新に貢献した後、インカレのポイントレースで圧倒的な強さを見せて優勝したルーキー高士拓也(中央大学1年)や、今年度のRCS各大会で活躍し現在RCSランキングトップの西沢倭義(明治大学3年)のほか、昨年度のRCS総合ランキング王者で現在ランキング2位の大中功基(早稲田大学3年)と、各大会上位に名を上げる同大学の佐々木勇輔(同2年)、インカレロードレース2位・ポイントレース4位とコンスタントに上位食い込みを見せる榊原健一(中京大学3年)など、各レースで活躍を続ける選手たちが顔をそろえ、日本スポーツのメッカでその頂点を競う。

また、4年前の内間康平(鹿屋体育大学卒、NIPPO)の優勝から連覇を遂げている鹿屋体育大学。今年も鹿屋がその強さを見せつけるのか、連覇を食い止める新しい名前が登場するのか。学校対抗戦でもあるこのレース、熱い戦が繰り広げられることは間違いないだろう。

RCS最終戦の本大会、優勝者に与えられるポイントは、これまでのRCS各レースの2倍である60点だ。2位は48点、3位40点、以下10位までの選手にポイントが与えられる。

現時点でシリーズ戦のトップに立っている西沢は268点を獲得しており、2位大中の210点に60点近く差をつけている。大中の後輩である佐々木が154点で3位、金井誠人(明治大学2年)126点、森田雅士(立教大学2年)118点、安井雅彦(東京大学4年)108点(本大会不参加)、高木三千成(立教大学1年)103点と続き、本大会の結果によって逆転も大いに可能な混戦状態となっている。

また当日は、オランダよりアムステルダム大学チームの参加も予定されているので、日本人学生選手が海外の選手と肩を並べて王者を決めるこのレースに、ぜひご注目いただきたい。

13:50 スタートの女子クリテリウム(1.5 km×8 laps=12 km)は、学連登記選手以外にJCF登録競技者も参加可能なオープン形式のレースであるため、学生レース以上のハイレベルなレース展開が予想される。中でも昨年度見事なチームワークで優勝を果たした塚越さくら(鹿屋体育大学3年)、インカレロード優勝の上野みなみ(同3年、昨年度はアジア選手権のため不参加)が、男子同様、大学連覇をかけて戦う。昨年の個人タイムトライアル優勝など実力のある小島蓉子(日本体育大学3年)や、クリテリウム各レース上位の合田祐美子(早稲田大学2年)との戦いに注目が集まる。

re._R1S0394.jpg

大学生以外の部として10:50スタートの 小・中学生&マスターズ・タイムトライアル( 1 km×1 lap=1 km)、12:00スタートのマスターズ・クリテリウム (1.5 km×8 laps=12 km)や、お昼休みには四谷警察署の方を招いてのセイフティライド講習会を開催する予定だ。アスリートからホビーライダーまで幅広い層で、自転車競技を安全に、かつ楽しみながら普及に貢献する主旨の1日となっている。

re._R1S0291.jpg

なお、大会前日の16日(土)13:45からは、大学自転車競技フォーラムが「ドーピング問題にどう向き合うか」をテーマに、国立オリンピック記念青少年総合センター(最寄り駅:小田急線参宮橋駅)会議室において行われる(参加無料、予約不要)。スポーツ競技の多種目において、選手の薬物使用が問題となっている今日、自転車競技だけでなく、スポーツ界全体の課題となるドーピング問題について考える場とする予定だ。(詳細はこちらから:http://jicf-office.sblo.jp/article/61747988.html

当日のレース情報はJICF情報系HP内の競技速報ブログにて配信いたしますのでそちらもご覧下さい。
日本学生自転車競技連盟公式ホームページ
http://www.remus.dti.ne.jp/~jicf/
JICF明治神宮外苑クリテリウム専用ページ:
http://www.jicf.info/mainrace/jicf_gaien_crite.html
JICF競技速報ブログ:
http://jicf-sokuho.sblo.jp/
posted by 学連事務局 at 23:19| 更新情報